Google検索エンジンが数ヶ月前から人工知能を応用した「RankBrain」を導入


Googleの検索システムエンジニアのグレッグ・コラード氏はBloombergのインタビューの中で、Google検索エンジンが数ヶ月前から人工知能を応用した「RankBrain」を導入していることを明らかにしました。

コラド氏によると、Google検索では1秒間に数百万回のクエリが発生しており、その中でも15%を占める今までに検索されたことのないキーワード(未知のクエリ)を処理するうえでRankBrainの技術が使われているようです。

RankBrainは、言語やクエリを解釈する能力にも優れていて、曖昧なクエリに対して検索したユーザーの意図を判断し、的確に処理をしていくとのことです。

3番目に重要なシグナル

RankBrainはGoogleの検索結果に何を表示し、どの順位に位置づけるかを決定するアルゴリズムを構成している、”数百”ものシグナルの中で、RankBrainは、導入されてから数ヶ月で検索結果に影響を与える、3番目に重要なシグナルになったと述べています。

RankBrainに対応するには?

SEOに取り組むうえで常に意識しておくべきことは、ユーザーに役立つ情報を提供するしていくことをしっかりして行くことが重要です。

お問い合わせ