Google Adwordsモバイルファースト対応


Googleが現地時間2016年5月24日(日本時間5月25日)に開催したGoogle Performance Summit 2016(GPS2016)にて、急速なモバイルシフトとモバイルファーストに対応できるようにGoogle アドワーズの機能アップデートを発表しました。

Google Adwordsのテキスト広告の文字数が変更へ

広告見出しの文字数

■変更前:半角25文字まで
■変更後:半角30文字まで×2行

広告文の文字数

■変更前:半角35文字×2行
■変更後:半角80文字の1行表示

表示URL

これまで:表示URLは手動で設定(表示URLと最終ページURLのドメインが不一致だった場合は広告が不承認にされていた)

初期テストで、従来のテキスト広告によりもクリック率が20%増加したとのことです。テストを実施した広告主より報告されているそうです。

Google ディスプレイネットワークでレスポンシブ広告に対応

Responsive ads final

画像は Inside AdWords より

Google ディスプレイネットワーク(以下GDN)でレスポンシブ広告の表示ができるようになります。

レスポンシブ広告については、見出し、説明、画像、およびURLは、Googleで自動的にデザインされ、配信されるようです。

各デバイスタイプの入札単価調整に対応

特定のデバイス上で入札を最適化をするために次のアップデートで実施予定とのことです。

  • 各デバイスタイプの入札単価調整が可能になる
  • 基本キーワードに対して最も効果の高いデバイスに固定し、入札単価調整できるようになる
  • 入札単価の調整は+900%まで設定可能になる

効果の高いデバイスに固定して入札単価を調整できるのは、無駄な広告費をかけずに済むので、コストの削減にもなりますね。

Google マップのローカル検索広告結果にPromoted Pinが追加

Walgreens Business PageWalgreens Promoted Pins

画像は Inside AdWords より

Google マップのローカル検索広告(住所表示オプションとGoogle マイビジネスの設定が必要)結果に、店舗の所在地をピン(Promoted Pin)で表示されるようになります。

これによってマップの利用者に店舗への来店促進がしやすくなります。

お問い合わせ